スランプグラフとは?

スランプグラフとは、台に設置されているデータカウンター内にあるもので、当たり回数等の履歴を表しているものになります。

なのでパチンコ、パチスロ、スロットに関わらず、スランプグラフの読み方が重要になってくる為、まずは見方から解説していきます。

過去のデータ(出玉推移)から設定判別を行ない、高設定の台を選んでいきたいところですが、実際スランプグラフから、設定判別までは出来ません。理由は後述します。

スランプグラフの見方(出玉推移・波)

▼縦軸
スランプグラフの縦軸の意味は、差枚数(出玉)です。

差枚数(出玉)とは、台に入れた枚数(IN)と台から出た枚数(OUT)の差の事で、プラスであれば当たってる台となります。

▼横軸
スランプグラフの横軸の意味は、時間・総回転数・投入枚数等となってます。

これを踏まえると、急激に上昇をしていれば、大当たり、ビッグボーナス等の特賞中であり、平坦なら確変・時短(通常時よりも抽選回数が増える)中、緩やかに下降していれば何もない普通の状態と言えます。

スランプグラフが右肩下がりの時はハマり中、スランプグラフが右肩上がりの時は勝ってる状態だという参考データになります。

スランプグラフの見方2(当たり確率)

当たり確率は、総ゲーム数に対して当たりが何回出ているかを表すデータなので、これも参考にしましょう。

スランプグラフの読み方と台選び・狙い目は?

上下の動きが狭く推移していれば、ハマりにくいと読み、狙い目とも言えます。

上下動が激しければ、よりギャンブル性が高く、一撃の狙い目と読んでも構いません。

正直なところ、スランプグラフの読み方に決まりはないので、自分の打ち方(性格)に合わせるのを基本とし、台選びを行ないましょう。

スランプグラフの機械割とは?

この台でどれだけ勝てるかの目安の事で、簡単な式で計算する事が可能です。

機械割の計算式は、払い出し総数÷投入した総数×100

100になればプラスマイナスが0となり、100を超えればプラスになるという事。

スランプグラフを攻略・高設定を判別出来るの?

結論から先に言うと、スランプグラフから高設定等の設定を判別するのは、不可能と言えます。

高設定なら右肩上がりになると思われがちですが、波は存在するので、必ずしもそうはなりません。理由は簡単で、確率論になるからです。

あくまで理論上の話にはなりますが、確率論を簡単な例を挙げて説明すると、サイコロを振る時に毎回必ず6分の1という、全ての可能性がある事になります。

これと同じで、1ゲームを回した時には当たりもハマりも、同じ確率になるので、前日や過去の状態から設定を判別しようとするのは、予測と希望的観測以外の何物でも無く、攻略と言える程のものではありません。

スランプグラフはあくまで過去の波を見る為の、参考データ程度として使いましょう。

スランプグラフアプリはあるの?

一番有名なのは、データロボサイトセブンのパチロボですが、他にもマルハン等が提供しています。有料や無料のもの等があります。

スランプグラフも良いけど、オンラインで勝負しましょう

なぜ、オンラインカジノスロットがオススメなの?

理由は簡単で、圧倒的に勝率(ペイアウト率)が高いからです。

プレイヤーが賭けた賭け金のうち、何%を賞金として還元しているかという、割合を示したものを「ペイアウト率」と呼びます。

店舗でのスロットやパチンコは、約80%(1万円使って、8,000円返ってくる)

オンラインカジノスロットは、約96~97%(1万円使って、9,700円返ってくる)

ペイアウト率の差が15%以上もあり、一撃の大当たり(ジャックポット)が存在する為、もはや店舗で遊ぶ理由が見当たりませんね。

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!

日本人が英語に悩まされる事無く、安心して遊べるオンラインのみ厳選して紹介!

◆ベラジョン

・特徴
大当たりのジャックポットが有名で、2016年1月19日には日本人が「Hall of Gods」で、日本円にして約2億1400万を超える、超メガジャックポットも出ています。

数十~数百万のジャックポットなら、バンバン出ているのが特徴で、プレイヤーに嬉しいキャンペーンも非常に多く開催中。

◆ワンダリーノ

・特徴
プレイするとレベルアップ、レベルアップに応じて豪華賞金がもらえる等、RPGをプレイしている感覚で楽しめるのが特徴。

シーズン制が導入されていて、シーズン毎に賞金が用意されています。もちろん、ジャックポットも狙えます。